新婚の引っ越し費用を知っておこう!

結婚に伴う長距離引越しについて

引越しは転勤や新居購入、結婚など人生の節目で行うケースが多いです。

 

特に、結婚による引越しをする方は多く、1人暮らしから2人で暮らす新居へ引っ越す場合もあれば、家族の元からそれぞれ引越ししてくるケース、どちらかの家に引越しをして一緒に住むようになるという引越しもあります。

 

ここでは結婚による引越しの中でも遠距離移動の引越しについて考えてみましょう。

 

自分で各社のホームページを見ながら料金の比較をするのに比べ、何倍も簡単にお得な引越しができます。

 

おすすめの引越し一括見積もりサービスはこちら↓↓↓
dansei

 

遠距離での引越しは意外とお金がかかる

 

 

結婚するとなると何かと出費がかかります。結婚式や新婚旅行もありますし、2人が住む新居に引越しをする場合には引越し費用だけでなく、2人で使用する家具や家電も新たに買いそろえなければなりません。

 

特にお互い現在住んでいる場所から遠距離の場所へと引越しする場合、引越し費用は2人分必要になるのでできるだけ安く引越しをするように考えなければなりません。

 

家具や家電など大型の荷物は新居先で購入しよう

 

遠距離で結婚に伴う引越しを行う場合はどうしても費用が高くなってしまいます。そこでできるだけ引越し費用を抑えたいのであれば、家具や家電など大型の荷物は新居先で購入した方がよいでしょう。

 

引越し費用や引越しする距離と荷物の量、引越しする時期によって費用が変動します。

 

荷物の量がすくなければ少ないほど、チャーターするトラックの大きさも小さくてすむので費用が安くなります。

 

荷物が少ない場合は、お互い単身パックでの利用も可能

 

 

実家暮らしで家具や家電などを新しく買いそろえるという結婚の引越しの場合、それぞれ単身者向けの引越しプランである単身パックを利用してもよいでしょう。

 

単身パックは専用のボックスに詰められるだけの荷物を詰めて輸送をする引越し方法であり、混載便として運搬してもらうので引越し費用が非常に安くすみます。

 

お互いの家が近いのであれば回ってもらって引越しすることも可能

 

新婦側と新郎側の現在住んでいる家が近所の場合は、同じ日に荷物を搬出することも可能です。

 

そうすれば車を移動させて2回搬出してもらうことができるため、引越し費用を安くおさせることが可能でしょう。

 

また引越しの手続きに関してですが転出届の提出、引越し、婚姻届けの提出、転入届の提出の順番で行えば、氏名、住所変更を一回で済ますことができるのでスムーズな手続きが可能になります。

 

役所による手続きは面倒ですので、手続きはできるだけ簡単に済ませられるようにしておくとよいでしょう。

 

また引越しをする業者選びをするのであれば引越し見積もり一括請求サイトの利用がおすすめです。

 

自分で各社のホームページを見ながら料金の比較をするのに比べ、何倍も簡単にお得な引越しができます。

 

おすすめの引越し一括見積もりサービスはこちら↓↓↓
dansei