結婚を機に引越しした場合失業保険はもらえるの?

結婚を機に引越しした場合失業保険はもらえるの?

 

女性では結婚や出産を機に仕事を退職する人が多いです。

 

またご主人の転勤によって引越しを余儀なくされた場合には女性側の仕事の都合がつかなくなり、仕事を退職しなければいけないという状況が出てくることもあります。

 

結婚や引越しを機に退職した場合失業保険は給付されるのでしょうか?

 

今回は失業保険について説明していきます。

 

結婚退職でも失業保険の給付は可能である

 

失業保険というのは雇用保険の被保険者が職を失い失業状態になって再就職先を探している時に支給される保険になります。

 

そのため失業した理由がリストラであろうと、引越しであろうと、結婚であろうと関係はありません。

 

つまり結婚退職や結婚に伴う引越し退職であっても受給資格はあるのです。

 

結婚をすると家事などもこなさなければならないので勤務時間を減らしたいという女性も多いでしょう。

 

結婚を機に働き方を変えたいという人は多いです。

 

また結婚に伴って引越しをするので今の会社には通勤できないといった問題がでるケースがあります。

 

その場合には失業保険の受給資格があるのです。

 

しかし気を付けておきたいのが、いくつかの条件が必要なことです。

 

婚して家庭に入りたいと考えている人は失業保険をもらう資格はありません。

 

結婚後も働く意思が必要なのです。就職しようとしているのに就業できない失業状態であることが条件となります。

 

また失業保険をもらうためには退職するまでの2年間雇用保険に加入していた月が12ヶ月なければいけません。

 

引越しをした場合、特定理由離職者として優遇されるケースもある

 

結婚すると引越しするケースは非常に多いです。特にご主人の住まいの方へ引越しをしなければならないという女性は多いでしょう。

 

そこで失業保険では結婚に伴う引越しで退職しなければいけなくなった人に対しては特定理由離職者と認定され、一般の人よりも少し優遇してもらえるのです。

 

この特定理由離職者になると通常の条件が雇用保険に加入していた月が12ヶ月のところが半分の6ヶ月以上に緩和されます。

 

1年間働かなかったので失業保険はもらうことができないと諦めている人も、結婚に伴う引越しなどの場合には特定理由離職者として認められるケースもありますので、一度確認してみるとよいでしょう。

 

また一般の失業保険は3ヶ月間手当を支給してもらえません。

 

しかし特的理由離職者の場合は、待機期間がなくなるのですぐに失業保険をもらうことができる絵可能性もあるのです。