結婚の際の引越し見積もり料金は?

結婚の際の引越し見積もり料金は?

 

結婚をきっかけに引越しを検討する人もたくさんいますよね。
それまで一人暮らしや実家暮らしをしていた人の場合、二人で新しい生活をスタートさせるために引越しをすることもあるでしょう。

 

ですが、引越しがうまくいかず、苦戦してしまったというカップルもいるようです。
そこで、結婚をきっかけとした引越しを成功させるためのポイントについて紹介しましょう。

 

引越しだけでなく結婚準備にも時間がかかってしまうことが多いため、引越しの準備はできるだけ余裕を持って始めておいたほうがいいでしょう。

 

二人で同時に引越しをするということであれば、1ヶ月ほど前から準備を始めておくのが理想です。

 

ぎりぎりになってしまうと引越し業者の荷造り・荷解きサービスを利用しなければ間に合わなくなってしまうことも考えられます。

 

そうなるとオプション費用がかかるわけなので、できるだけ自分たちで荷造りができるようにスケジュールを調整してみてはどうでしょうか。

 

新婚の引越し費用を安く済ませたいなら↓↓↓
業界最大手:一番ちゃんとしている引越し見積もり業者はここ!

 

dansei

 

立ち寄りについて

 

例えば、旦那さんの住居に奥さんが引越してくるということであれば一か所からの引越しという形になりますが、そうではなくお互いが新居に引越しをするというケースもありますよね。

 

この場合、二か所からの引越しとなるわけですが、それぞれの引越しを別物として考えてしまうのではなく、立ち寄りと呼ばれるサービスを活用しましょう。

 

立ち寄りとは

 

立ち寄りとは、二か所から荷物を積んだうえで新居に荷物を運んでもらえるサービスのことです。

 

結婚のように別々の住居から引越しをする場合に立ち寄りを選択する人が多いのですが、他にもトランクルームに置いてある荷物を積んだうえで引越しをする場合などにも立ち寄りサービスが便利です。

 

もちろん、別々で業者を頼んで引越しをするという方法もあるのですが、立ち寄りが可能な業者を選んだほうが結果的に費用を安く抑えられます。

 

お互いに持ち込む荷物量がそれほど多くないという場合、トラック1台で済ませることができるのではないでしょうか?
この場合はトラックを2台使って引越しをするよりも大幅に費用を抑えることができます。

 

不用品の引取りについて

 

引越し業者によってサービス内容は違いますが、不用品回収サービスがあるかどうかも確認しておきましょう。
もともと別に暮らしていた二人が結婚をきっかけに一緒に住むことになった場合、家電製品が余ってしまうことがあります。

 

例えば、冷蔵庫や洗濯機、電子レンジなどは1台あれば十分ですよね。

 

この場合、不要な家具・家電はリサイクルショップに持ち込んだりオークションに出品して売るのがおすすめです。

 

ただ、引越しまでに時間がないということであれば、簡単な処分方法を考えなければならない場合もあります。

 

引越し業者の中には、不用品の引取りサービスを行っているところもあるので、こういったサービスを利用してみるのもいいですね。

 

不用品の引取りは有料となってしまう場合が多いのですが、交渉次第では格安で引き取ってもらうことも不可能ではありません。

 

引越しをする日について

 

結婚をきっかけに引越しをする場合、できれば吉日に引越しをしたいと考える人も多いようです。

 

一人暮らしの引越しであればあまりそういったことを考えないかもしれませんが、結婚をきっかけにした引越しは二人で新たな生活をスタートするという日ということもあり、大安を選ぶ人がたくさんいます。

 

しかし、吉日は希望者が多いため、引越し料金が割高になってしまう可能性があるということも理解しておかなければなりません。

 

予約も埋まりやすいので、どうしても吉日に引越しをしたいと思っているのであれば、できるだけ早めに予約をしておいたほうがいいですね。

 

ぎりぎりになってから吉日を予約すると割増費用が発生してしまうこともあります。

 

見積もり料金をチェックする

 

引越しをすることが決まったら、早めに引越し業者の比較を始めておきましょう。
一社ごとに見積もりを取るという方法もありますが、おすすめなのは一括見積もりサイトを使うという方法です。

 

一括見積もりサイトであれば一度の入力作業で複数の引越し業者から見積もりを取ることができるので、時間がかなり短縮できます。

 

あとは数日以内に各引越し業者から見積もり料金の知らせが届くので、それを比較しながらどの業者に依頼するのか考えてみましょう。
ただ、ここで届く見積もり料金というのは、あくまで予想額です。

 

正式な見積もり料金は、訪問見積もりをしてもらわなければわかりません。
そのため、最初に届いた見積もり料金が安いからといって、すぐにその業者に決めてしまわないように注意しましょう。

 

一括見積もりサイトを活用すると、各業者のサービス内容も簡単に比較することができます。
二つの家から同時に引越しをするという場合は、先に紹介した立ち寄りが利用できるかを確認したうえで業者を選びましょう。

 

どちらかが住んでいる家に引越しをするという場合は、単身引越しという形になるので、引越し単身パックが利用できないか検討してみるのもいいですね。

 

単身パックが利用できれば引越し料金を大幅に抑えることができるはずです。

 

結婚の際の引越し費用を安く済ませたいなら↓↓↓
業界最大手:一番ちゃんとしている引越し見積もり業者はここ!

 

dansei