結婚を機に新築引越しをした際の挨拶回りについて

結婚を機に新築引越しをした際の挨拶回りについて

結婚を機に新築のマンションや一軒家を購入する夫婦は非常に多いです。

 

今回は結婚に伴う引越しの中でも新築に引越しをする場合の挨拶について考えてみましょう。

 

 

新築の挨拶回りはしっかりと行っておこう

 

新築の家に引越しした場合、近隣住民への挨拶はしっかりと行っておく必要があります。

 

長いお付き合いになるわけですから、しっかりと礼儀をわきまえておかなければ後々面倒なトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。

 

まず挨拶の際には名前とどこに引越ししてきたかを伝えるだけでOK。

 

もちろん世間話をする場合もあるかもしれませんが長話になると迷惑になるかもしれませんので状況によって判断するとよいでしょう。

 

挨拶をする時間帯は?いつまでに行えばよい?

 

引越しした当日はばたばたしていて片付けもすんでいないし、疲れているので挨拶は次の日でもいいかと後回ししにしてしまう人がいますが、できることならば引越しした当日に挨拶は言っておきましょう。

 

引越し業者が帰った段階でまずは挨拶回りをしておくとよいでしょう。

 

引越しした時間帯が遅い場合には翌日でもOKです。1日に回りきった方が近所からのクレームもないでしょう。

 

ただ挨拶にいってもその住民が不在の場合もありますので引越ししてから1週間以内には挨拶回りを全て終わらせておきたいですね。

 

また時間帯に関しては明るい方がもちろんよいでしょう。

 

印象的にも昼間に訪れた方がよいですし、顔を覚えてもらいやすいというメリットもあります。

 

時間帯としては10時〜17時程度がおすすめです。

 

ただ仕事をしているとこの時間帯には挨拶にいけないこともあるでしょう。

 

その場合には夜に挨拶するという方法でもOKですよ。

 

新築の挨拶しにいく範囲はどれくらい??

 

結婚を機に新築に引越しした際の挨拶回りは、いったいどのくらいの範囲を行えばよいか迷ってしまいますよね。

 

一般的に言われているのが挨拶回りをする範囲は両隣とお向かい3〜4軒、裏隣や接地している家庭へは挨拶を行った方が無難でしょう。

 

また町内会会長や班長の家は挨拶をしておけば、その町内会のルールやごみの出し方なども教えてこらえるので便利でしょう。

 

また班長さんに挨拶を行っておけば、挨拶回りを一緒におこなってくれるというような人もいるようです。

 

挨拶をきちんとしておくことで今後長く続くご近所関係を円満にスタートすることができるでしょう。

 

また挨拶回りを行う時は夫婦どちらかよりも夫婦そろって2人行った方がよいでしょう。